入国管理局への永住・在留資格(ビザ)更新、変更と帰化申請をする事務所です。 

VISA GOOD センターは「外国人在留資格」のための Immigration Office です。

「VISA GOODセンター」は、ウリ行政書士事務所が運営しております。

外国人のあなたは、入国管理局に在留資格(ビザ)の申請をしなければなりません。
在留資格の申請は、「永住」「在留資格認定」「在留資格更新」「在留資格変更」「在留資格取得」の申請にわかれます。

また、法務局に対して「帰化」申請もあります。

このような申請に対し、VISA GOODセンター(ウリ行政書士事務所)は、お客さまをサポートしています。

「初回無料相談」をご利用ください。
「初回無料相談」は、面談のみです。
電話、メールのみの「無料相談」はしていません。
「無料相談」のくわしい内容は、こちら
無料相談には、予約が必要です。
電話(03ー3865-0636) または メール)でご予約ください。


当事務所の実績例

(ケース1)日本人と離婚後の「定住者」ビザへの変更

(ケース2)日本人男と離婚し、再婚後のビザの更新

(ケース3)日本人の配偶者等、定住者、就労系ビザからの「永住」ビザへの変更

(ケース4)留学生より「技術、人文・国際」ビザへの変更

(ケース5)日本人配偶者等、定住者、就労系ビザの更新

(ケース6)留学生、離婚後の日本人配偶者等から「経営・管理(投資・経営)」ビザへの変更

(ケース7)技術、、人文・国際業務の勤務先変更後のビザの更新

その他実績多数ございます。


『VISA GOODセンター』は、どこの国の外国人・どんな外国人の方でも利用できます。
お客さまの国籍は、中国、韓国、台湾、フィリピン、タイ、ベトナム、インド、ネパール、パキスタン、ミャンマー、インドネシア、スリランカ等アジアの方が多いです。
もちろん、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、ブラジル等欧米系のお客さまもいます。

このように『VISA GOODセンター』は、様々な国籍の外国人の在留資格(ビザ)を取扱います。
たとえば、 国際結婚している夫婦の「在留資格認定証明書」、「在留資格(ビザ)更新」、「在留資格(ビザ)変更」の申請の取次をしています。

中国人と日本人の国際結婚
韓国人と日本人の国際結婚
フィリピン人と日本人の国際結婚


また、『VISA GOODセンター』は、外国人を雇用する会社における、従業員、社員の「在留資格認定証明者」、「在留資格(ビザ)更新」、「在留資格(ビザ)変更」といった面倒な事務のアウトソーシングにも対応しています。
「技術・人文知識・国際業務」、「企業内転勤」、商用の「短期滞在」は、おまかせせください。


身分の在留資格(ビザ)であれば、
「永住の申請(永住権)」、「定住者」、「日本人 配偶者ビザ」、「家族滞在」、「留学生)の家族滞在」、の申請を取次しています。

就労(しゅうろう)の在留資格(ビザ)であれば、
「技術・人文知識・国際業務」、「経営管理(投資経営)」、「技能(コック)」を扱います。わかりづらい在留資格(ビザ)である「特定活動」の依頼も多いです。

オーバーステイの外国人の相談も受けております。ただし、偽装結婚、偽装就労等の方の相談はおことわりします。


もし、あなたが在留資格(ビザ)の「悩み」があれば、「不安」や「心配」に変わります。楽しいはずの日本での生活が、いつも考えてばかりの生活になっていませんか?

「これからも日本にいたい!どうしても・・・」
「海外から日本に子どもをよびたい!」⇒「連れ子ビザ」はココをクリック
「日本人の旦那と離婚したけど、ビザが心配!」⇒「りこんビザ」はココをクリック
「入国管理局がこわーい!」
「うちの会社の従業員のビザは大丈夫なのか?」

他にもいろいろな理由で、「心配」や「不安」になっていませんか?
「VISA GOODセンター」に相談することで、あなたの「心配」や「不安」がなくなるでしょう。

まずは、電話かメールで「初回無料相談」をご予約ください。
「初回無料相談」の詳細はこちらです。

VISA GOODセンターの特長はなんですか?

在留資格(ビザ)に関するホームページはたくさんあります。どこに相談して、どこに依頼したらいいのかわからなくなります。
VISA GOODセンターがどんな事務所であるかは、このホームページを読んでいるうちにわかります。

お客さまに「ムダな時間」と「ムダなお金」を使わせません!

「ムダな時間」を使わせないとは?

  • VISA GOODセンターは、あなたの在留資格(ビザ)申請に必要な書類を教え、役所等から戸籍、住民票等書をとるお手伝をします。
    ただし、無料相談のときは、必要書類は提示しません

  • VISA GOODセンターは、あなたに代わって入国管理局に申請に行きます。
    VISA GOODセンターの代表は、行政書士であり、入国管理局に申請を取次できる資格をもっています。
    ただし、入国管理局から「本人がこい!」と言われたときは、あなたも入管に行く必要があります。この場合でも、私が同行しますので、安心してください。

  • 土日、祝日、夜間でも相談も可能です。
    ただし、事前予約が必要になります。

「ムダなお金」を使わせないとは?

  • 不許可のとき、再申請1回は「無料」です。
    「再申請の無料制度」は、1回目の申請のときの料金で、不許可の時、再申請をするものです。要するに、「VISA GOODセンターは、不許可であっても、もう一度、無料で再申請をしますよ」ということです。

    ただし、VISA GOODセンターの判断により、「再申請の無料制度」を適用しない案件もございます。たとえば、「許可確率が30%以下と判断した案件」は、「再申請の無料制度」は使えません。
    くわしい「再申請の無料制度」は、ココをクリックしてください

  • 1回目の相談は、無料相談です。「初回無料相談」の詳しい内容はこちらをどうぞ。
    あなたが依頼した案件(=着手金を支払った場合)の相談は何回でも無料です。

  • 報酬は、2つのコースを用意してあります。
  1. 標準料金コースココをクリックしてください。
  2. 不許可のとき全額返金コースはココをクリックしてください。

くわしい料金表はココをクリックしてください。

  • キャンペーン期間中に「在留資格(ビザ)更新」、「在留資格(ビザ)変更」、「永住」申請、「帰化」申請等がお得な料金になります。

ウリ行政書士事務所の「総合サイト」はこちらから

1回だけ!無料相談は「面談」のみです。日時のご予約は、お電話 か メールで受け付けております。お電話、メールのみの相談は受け付けていません。
外国人のための在留資格
VISA GOODセンター(運営:ウリ行政書士事務所)
電話:03-3865-0636(9:00~18:00)
メール:uryu@uri-g.jp(24時間受付)

ブログ

2018年9月7日
入国管理局に在留資格を申請するときの「住民税の課税証明書・納税証明書」は何年分必要か?
2018年9月6日
【意外と知らない!】「永住者」の子供であれば、1年以上日本に在留していれば「永住」の申請が入国管理局にできる!
2018年9月3日
自営業である在留資格(ビザ)「日本人の配偶者等」で在留期間更新許可申請書を書くときの注意点は?
2018年8月31日
在留資格(ビザ)『日本人の配偶者等』のフィリピン人女性が、日本人男性と離婚し、他の日本人男性と結婚するには?待婚(再婚禁止期間)は?
2018年7月23日
【ビザ更新お得なキャンペーン】入国管理局にあなたの代わって行きます!1件目¥10,000(税別)、2件目以降¥5,000(税別)
› 続きを読む